むーと鳴いてます。(muuuuu.net)


【文】作者の個人的な話

... 3 4 5 6 7 8 9 ...

眞木準さん死去

コピーライターの眞木準(まき じゅん)さんが、22日に急性心筋梗塞で亡くなったそうです。
60歳…!若い…。
数年前、眞木準さんに、眞木さんの著書『一語一絵』にサインをして頂き、その時ちょこっとだけ会話して下さったのを思い出します…。


眞木準さんのコピーで、「四十才は二度目のハタチ。」(伊勢丹・1989年)が好きです。
何度見てもいいけど、当時初めて見た方々にとってはもっとハッとさせられるものだったと思います。実際、伊勢丹にお客が沢山来たらしいです。

エド・はるみさんが『成人式は二度終えております』って本を出していたけど(2008年)、眞木準さんのコピーが元ネタだよなー、と思ってました。どうなんだろ。でも「終えております」じゃ歳とってるけど頑張ってると申告してるだけだけど、「四十才は二度目のハタチ。」には心ときめくものがあって光とか新しい未来が見えてくるような明るさがあります。そういえば、アラフォーが婚活してる今の状況って二度目のハタチにすごく近いですね。


同じく眞木 準さんによる伊勢丹のコピー
恋を何年、休んでますか。」(1989年)や、
恋が着せ、愛が脱がせる。」(1989年)、
着やすい。つまり脱がせやすい。」(1978年)
もいずれもすごい。なにか風味みたいなものがありますよね。
ダイエットには、甘い恋を。」(1989年)というのもあります。


あと、「六本人生まれる」というコピーも、誰が書いたとは知らずに、ずっと気になってました。六本木ヒルズの広告コピー。
「ろっぽんじん」という響きがなんか好き。
個人的には、この言葉がもっと定着してもよかったのではと思うのだけど…違うみたいですね。六本木には外国人や村上隆さんのキャラクターやお金持ちの人など様々な人種が集まるので、総称して「六本人」ということかなと思います。
「六本人生まれる」って、自身のコピー「湾岸スキーヤー、生まれる。」を再び改造して出したかのようなコピーなんですね。


眞木準さん、お元気そうに活動されていたのに…残念です。
(こういうふうに言っていいものかわかりませんが)60歳だから、
ちょうど三度目のハタチで旅立たれたのですね。

国宝 阿修羅展

先日、「国宝 阿修羅展」を観に行きました。
会期末が迫っているので、強烈な混みようでした。
平日なのに会場に入るまでに100分待ち。外で蛇のような行列。
しかし観れてよかった。凄いです。間違いないです、阿修羅。
いよいよこの土日で終わります。


■興福寺創建1300年記念 国宝 阿修羅展■(上野は会期6/7まで)
東京国立博物館 平成館(上野公園)
阿修羅をはじめとした、奈良・興福寺の仏像が観られる展覧会。



阿修羅像に辿りつくまでに、水晶玉や金などのジャブ的な展示品がありまして、
その後、いよいよ仏像の「八部衆像」「十大弟子像(釈迦の弟子)」が現れます。
皆様、素敵でした。たとえば、八部衆像の中の顔が鳥のかるらという像などは迫力に満ちていたし、獅子が頭に噛み付いてるみたいな冠をかぶっている像は「昔からかぶりものってあったんだなー」と思わせました。
仏像のライティングが劇的で素晴らしく、阿修羅像対面への期待が高まります。


阿修羅像のもとへ向かう直前には、回廊風に演出された特設通路がありました。赤い光でライティングされていて、「ハイ!ここで高揚感たかめて下さい!」と促されるので、心で「ハイ!」と素早くお返事。通路の両脇上部にはミニモニターが点在していて、ディズニーランドのスペースマウンテンの並んで待つ場所を思い出しましたが、それは言わない約束。


通路を抜けると、ついに、阿修羅像の展示室に出ました。

阿修羅さま、美しかったです!

まさしくスターでした。大スター。
アイドルでした。

予告&速報

更新にまた間が空いてしまってるので、アップしようと思っている記事をとりあえず予告します。

・コラージュ作品を、スキャンして補正終わり次第アップしようと思っています。
・むーあにまるも次で600匹目。
・iPhone&iPod touch対応アプリ『Puppet Animation』のバージョンアップ版がついにリリースされたそうです。今回は、無料のお試し版(ライト版)も同時リリースしてます。こちらでもっと詳しく紹介しようと思ってます。

アートアワードトーキョー 丸の内2009開催の記事、書きました。

カルチャーニュースサイト「CINRA.NET」に、私が書かせて頂いた、アートアワードトーキョー 丸の内2009開催の記事が掲載されました。


記事へのリンクはこちらです↓
「ゲスト審査員に村上隆、美大・芸大卒業制作を展示『アートアワードトーキョー 丸の内2009』』」

4月29日(水・祝)から5月31日(日)まで開催されます。
美大・芸大の卒業制作展へ出向いて行って優秀な作品を探し出し、その中から選りすぐった作品を展示するというもので、初日の4月29日には会場で最終公開審査会を行い、各賞の受賞者が決定します。
最終公開審査会には、村上隆さんがゲスト審査員として参加されます。

伊藤存さんの新作個展『四月パカ』の記事、書きました。

カルチャーニュースサイト「CINRA.NET」に、私が書かせて頂いた、伊藤存(いとう ぞん)さんの個展『四月パカ』開催の記事が掲載されました。


記事へのリンクはこちらです↓
「刺繍で作品を制作する国際的アーティスト、伊藤存の新作個展『四月パカ』」


刺繍による絵画作品で知られるアーティスト・伊藤存さんの個展が、タカ・イシイギャラリーで開催されます。


刺繍で絵を描き、それをアートの作品として発表するということを、初めて試みた方のようです。
7月には、東京都庭園美術館でも企画展を開催するそうです。

宮永愛子展 『はるかの眠る舟』開催の記事、書きました。

カルチャーニュースサイト「CINRA.NET」に、私が書かせて頂いた、宮永愛子(みやなが あいこ)さんの個展開催の記事が掲載されました。


記事へのリンクはこちらです↓
「時間の経過とともに変化する作品で知られる注目の作家、宮永愛子の個展『はるかの眠る舟』」

ミヅマアートギャラリーで、宮永愛子さんの個展が開催されます。


ミヅマアートギャラリーには、会田誠さん、山口晃さんを始め、
池田学(いけだ まなぶ)さん、鴻池朋子(こうのいけ ともこ)さん、
天明屋 尚(てんみょうや ひさし)さん、
近藤聡乃(こんどう あきの)さん、ジム・ランビーさんなど、
注目されているアーティストがたくさん所属しています。


宮永愛子さんは、常温で昇華するナフタリンを使って
オブジェを作ったりしているそうです。
展示期間中に少しずつ作品が変化していくのが特徴。
時間の経過を感じられるそうです。

井上雄彦さんの「最後のマンガ展」が熊本で巡回開催するという記事、書きました。

カルチャーニュースサイト「CINRA.NET」に、私が書かせて頂いた、漫画家の井上雄彦(いのうえ たけひこ)さんの展覧会開催の記事が掲載されました。


記事へのリンクはこちらです↓
「『バガボンド』『スラムダンク』の作者・井上雄彦の『最後のマンガ展』、熊本で巡回開催」



「バガボンド」「リアル」「スラムダンク」などのヒット作を生み出した漫画家の井上雄彦さんが、熊本で個展をされます。展示タイトルは、井上雄彦 最後のマンガ展 重版 熊本版


概要は記事から引用します↓
「昨年5月に東京・上野の森美術館で開催された井上雄彦の『最後のマンガ展』が、『バガボンド』の主人公・宮本武蔵の終焉の地である熊本にて巡回開催されることになった。同展は、熊本市現代美術館で4月11日(土)から6月14日(日)まで開催される。」


上野で開催したときに大盛況だったので、最後が最後じゃなくなったということのようです。
美術館の公式サイトでは、混雑時の列並びや入場制限などについてお詫びとともに記載されているので、相当混むことが予測されているもよう。

池田亮司さんの大規模な個展開催@東京都現代美術館の記事、書きました。+大竹伸朗さんの話

カルチャーニュースサイト「CINRA.NET」に、私が書かせて頂いた、池田亮司(いけだ りょうじ)さんの個展開催の記事が掲載されました。

ピクチャ表紙四角つき


記事へのリンクはこちらです↓
「0と1の間に広がる膨大なデータの宇宙を体験、池田亮司の大規模個展が東京都現代美術館で開催中」
下の画像がリンク先のページです。(左の赤い四角で囲んだ箇所は、クリックしていただくための見出しです。)
ピクチャ本文四角つき



電子音楽作曲家でアーティストの池田亮司さんが、東京都現代美術館で個展をされてます。タイトルは、池田亮司展 +/−[the infinite between 0 and 1] 。今週の木曜日(4/2)から始まって、6月21日(日)までだそうです。池田亮司さんは、アーティスト集団ダムタイプとのコラボレーションなどでも知られています。


CINRA.NETでは、この展覧会の招待券を10組20名様にプレゼントするそうです。ご希望の方はお問い合わせページのメールフォームからお申し込みください。


……………………………………………………………………
東京都現代美術館の個展というと、2006年に開催された大竹伸朗(おおたけ しんろう)さんの個展『大竹伸朗 全景 1955-2006』すっごく印象深いです。圧倒的でした。


公式ページにも、「国内最大級の面積を誇る東京都現代美術館の企画展示室全フロアを使用する、日本の現存作家の個展としてはじめての規模で大竹伸朗の「全景」を展開します。」とありますが、地下2階〜地上3階+エントランス(外)まで、ものすごい数の作品が並んでて。でっかいのとかぐっちゃぐちゃのとかどれもヤバかったです。まず、「これを一人でずっと作ってたなんて」という脅威。ありえないけど、ありえちゃう。

大竹さんのことを何も知らないのに、なんでかチラシだけで心惹かれて観に行ったのですが、とてつもない事件がそこにあって、たまらない感じでした。まさに全景。


あと、大竹伸朗さん×茂木健一郎さん(脳科学者)のトークショーを見ました。これも印象深い。
大竹さんがこの展示を開催することになって、美術館の人が幾度にも渡りアトリエに訪れて作品を運び出すのだけど、その作業はまさに「発掘」であった、という話など。自分でも作品が多すぎて覚えていられず、拾ってきたドアが落ちてるのを「これはゴミですか?」と尋ねられて本人がゴミじゃないかなと答えた矢先、「これ、裏に絵が描いてありますよ…!」と言われたとか。じゃあそれも作品!…ということになって、展示物にまわされたというエピソードが面白かったです。


そのトークショーで初めて茂木さんを生で見たんですが、登場した瞬間、目が鋭くて空気もビリっとしてるのでびっくりしました。距離があっても、怖かったです。当時はテレビ番組で「アハ体験」の研究を紹介しながら皆に脳のことを噛み砕いて説明する姿くらいしか拝見してなかったので、わりにほんわかしたイメージを持っていたのです。全く違った。かなり今までとんがってきて戦ってる人だということがわかりました。

その事について、のちにイチローさんがつっこんでるのを見て面白かったです。茂木さんが司会を務めるNHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』にイチローさんが出演した時、話の途中でいきなり「あの、茂木さんって、表面的には笑ってるけど本当は笑ってませんよね? いつもテレビで見てて気になってたんですが、目が笑ってないんですよ」という内容のことを言いました。言われた方の茂木さんは「えっ…」と当惑して終わりましたが、私は、「イチロー、茂木さんに直接言うなんてすごいチャレンジ!さすがだなぁ」と思いました。

奈良美智さん シンポシオン(村上隆さん×佐藤可士和さん、横尾忠則さん×天野祐吉さん×一青窈さん)

奈良美智さんがニューヨークで逮捕されてました。分かったのは3月9日。原因は、地下鉄の駅で落書きしたことそうです。
このこと今知りました。情報遅くてすみません。
落書き…、落書きってことになるんだなぁ。
奈良さんが、拘置中の食事はピーナツバターのサンドイッチと牛乳だったと紹介してくださったそうです。



3月9日というのを見て、「もしかしてクリエイティブ・シンポシオンで村上隆さんのトークショー聴きに行ったのって同じ頃だったっけ?」と思いましたが、奈良美智さんの逮捕が2月27日午前3時すぎで、トークショーは3月12日だったので、けっこう離れてますね。

過去の関連記事:「広告批評」のファイナルイベント 『クリエイティブ・シンポシオン 2009』の記事、書きました。


クリエイティブ・シンポシオンの佐藤可士和さんと村上隆さんの対談をみに行きました。村上隆さんがガンガンしゃべってくださって面白かったです。


基本的には村上隆さんが進行役で佐藤可士和さんにインタビューしながら自分の話もする、というスタイルだったのですが、時間に関しては佐藤可士和さんがチラッチラッと時折腕時計をチェックして、最後ぴったりの時間におさめてました。それを村上さんが「さすがだね」と笑ってショーが終了。連係プレーがすごいと思いました。


お二人はだいぶ昔に知り合ったそうです。話題は、佐藤可士和さんの事務所(注目されてる現在の事務所)に憧れて同じ建築デザイナーに頼んでそっくりの事務所をつくったことや、佐藤可士和さんの事務所の床の間的スペースにそれ用の新作を展示したことから始まり、ユニクロ米進出話や、海外と日本のアート事情などいろいろお話されました。


村上隆さんは、昨年9月にアップルストアで行われた「村上隆トークイベント:GEISAI#11を語る」より全然しゃべってたという印象です。こちらは海外のアートアドバイザーの方がゲストで来ていて、村上さんのことを大絶賛していました。途中で村上さんが「あんまり褒めると日本人はうさんくさいと思ってひくから、控えめに…」と苦笑いで注意したほど。このトークショーを見てからだと、シンポシオンで佐藤可士和さんを相手に言った「僕は海外では賞賛されるけど、日本じゃ嫌われてる」という意味(というか状況)がわかります。
佐藤可士和さんに「嫌われてなんかないでしょう」と言われて、「いや、特にオタクに嫌われている」との答え。
可士和さん「なんでですか?(日本のオタク文化をかっこよく世界に伝えたのに、なんでだめなの?というような意味)」
村上さん「“搾取”してるって言われるの。オークションで何億で売れても、こっちには一銭も入ってないのに。」
可士和さん「“搾取”…?」
そういう感じで、いろいろなお話が出てきて面白かったです。


軽井沢の美術館で開催される展覧会「もうひとつの森へ」の記事、書きました。

カルチャーニュースサイト「CINRA.NET」に、私が書かせて頂いた、「もうひとつの森へ」展開催の記事が掲載されてましたー。

記事へのリンクはこちらです↓
「4名の現代アーティストが、軽井沢で新たな森の物語を紡ぎ出す展覧会『もうひとつの森へ』」



春から夏にかけて「メルシャン軽井沢美術館」という所で開催される展覧会です。
正式タイトルは、Take me out to the Wonder Forest『もうひとつの森へ』。
4名の現代アーティストが参加し、自然に囲まれた美術館の中に新たな森の世界を作り出す展示みたいです。


関連イベントでは、マイ・ホフスタッド・グネスさん(この展示の参加アーティスト)と一緒に庭園を散策するピクニック企画もあるそうで、面白そうです。

トークセッション『森で男が出会ったら』も、タイトルが気になります。彫刻家の三沢厚彦さん(参加アーティスト)と空間構成担当の豊嶋秀樹さんが出演されるそうです。

公式サイトで、熊の彫刻が映っている下の画像を見て、この作品を雑誌か何かで見た事があるような気がしました。

... 3 4 5 6 7 8 9 ...


© amasawa motoki