むーと鳴いてます。(muuuuu.net)


【絵】ベニヤ板

1 2 3

はさみ


はさみ


はさみは、時にセンシティブ。


大きい画像はこちら


(アクリルガッシュ・ガムの包み紙・モデリングペースト・メディウム、
9/14完成 随分前に下塗り1日+背景のみ1日+はさみ1日制作)

ちっちゃい木製パネルに直接描いてみました。
パネルに描いたのは初めてで、また、試しに下地としてモデリングペーストでマチエルを作り、仕上げにつや出し用のメディウムを塗ってみました。


それと、はさみの真ん中の留め金(銀色の丸いところ)に、ガムの包み紙を貼ってみました。「コラージュ」のカテゴリーに入れるには貼りの部分が少なすぎるかと思い、「ベニヤ板」に分類してみました。でも、一部分にしかコラージュしない、というのもありかなと思いました。


はさみの形、くるってますね。すみません…。
できれば、形くるっててもおかしくない方向へもっていきたいものです。写実の方向じゃなく…。


<日本の、庶民的で土着的なものを、
固有色を生かしつつ殺しつつ表現するベニヤ板シリーズ>

しょう油さしやかんこけしのうつむききゅうす湯のみ

なすの箸置き茶筒風呂いすうめぼしとっくりとぐい飲み

マヨネーズ土鍋こけし2人すりばちふろしきひややっこ

手おけうちわワンカップ赤べこ


<目玉焼きシリーズ>

「目玉焼きフライパン」「目玉焼きフライパン四角」

【絵】ベニヤ板とは?

「ベニヤ板」とは、ベニヤ板に描いた絵のことです。

赤べこ

赤べこ


この絵がブログに抜けてることに、
昨日気がついたのでアップします。
マヨネーズや土鍋などのベニヤ板シリーズと
同じ時期に描いたものです。


(アクリルガッシュ・ベニヤ板、2008年10月制作)



<日本の、庶民的で土着的なものを、
固有色を生かしつつ殺しつつ表現するベニヤ板シリーズ>

しょう油さしやかんこけしのうつむききゅうす湯のみ

なすの箸置き茶筒風呂いすうめぼしとっくりとぐい飲み

マヨネーズ土鍋こけし2人すりばちふろしきひややっこ

手おけうちわ


<目玉焼きシリーズ>

「目玉焼きフライパン」「目玉焼きフライパン四角」

COOL JAPAN(パレット卒展作品)



パレット卒展作品


PALETTE CLUB SCHOOL卒業制作展に出品したものです。
展示テーマの「COOL JAPAN」に合わせて描きました。
久々のベニヤ板シリーズ。展示の様子はこちら。


かき氷を富士山に見立てて描きました。
JAPAN的要素として、かき氷・富士山・風鈴・金魚が入ってます。

冷たいかき氷・涼しげな風鈴は、COOLの別の意味にもかかってたりします。

スプーンですくったところに小さい富士山が…。
これは、平安時代から脈々と続く“小さくて可愛いものは素敵”という日本の文化的感受性を反映してみた部分です(…というのは半分あとづけです)。


(アクリルガッシュ・ベニヤ板、3/16完成)



<日本の、庶民的で土着的なものを、
固有色を生かしつつ殺しつつ表現するベニヤ板シリーズ>

しょう油さしやかんこけしのうつむききゅうす湯のみ

なすの箸置き茶筒風呂いすうめぼしとっくりとぐい飲み

マヨネーズ土鍋こけし2人すりばちふろしきひややっこ

手おけうちわ


<目玉焼きシリーズ>

「目玉焼きフライパン」「目玉焼きフライパン四角」

目玉焼きの国旗

目玉焼きの国旗


今度、イラストのスクールの生徒の参加希望者で展示をするので、
それ用に描いてみた一案目です。展示のテーマは「COOL JAPAN」。
目玉焼きを国旗に見立てて描きました。


日の丸弁当のように梅干しに白いご飯も考えましたが、
それじゃあそのまま過ぎるということで、目玉焼きに…。
一応、「目玉焼きフライパン四角」がアイデアの元になっています。


普通に描いた白身に、しょう油で旗の四角いラインを描いてみるか
ラフで検討したりはしたんですが(日本とかけるために)、
一発でしょう油とわかってもらえるように描けそうになく、やめました。
目玉焼きにしょう油かけない日本人もいるしなぁ…という迷いもあり。
旗のかかってる棒に見立てて、箸を描くかも考えたけど、
シンプルなほうがいいかと思って、一枚目はやめました。
しかし、講評では、JAPANと目玉焼きの関係が弱く、
うまくかかってないじゃないか、とご指摘を受け、
やっぱりそうか…と思ったり。


これもまた、目玉焼きを実際に作って、見ながら描きましたが、
今回は、なかなか黄身が盛り上がってるように描けず、苦戦。
日を空けて描いたりしました。
苦戦したわりに、絵を近くで見たときに、雑っぽいのが悲しい。


(アクリルガッシュ・ベニヤ板、12/18完成)



<日本の、庶民的で土着的なものを、
固有色を生かしつつ殺しつつ表現するベニヤ板シリーズ>

しょう油さしやかんこけしのうつむききゅうす湯のみ

なすの箸置き茶筒風呂いすうめぼしとっくりとぐい飲み

マヨネーズ土鍋こけし2人すりばちふろしきひややっこ

手おけうちわ


目玉焼きフライパン四角

目玉焼きフライパン四角


「目玉焼きフライパン」の、別バージョンとして、
白身を四角くし、筆の跡をあまり残さないようにしました。
白身の形が唐突なので、フライパンが四角ってことにしてみてます。
これも、目玉焼きを実際に作って、見ながら描きました。

前の絵よりも、黄身が水風船のようですね。

違いが出るのは、
目玉焼きを描くのが3枚目だから手癖が出ちゃったのか、
卵自体の新鮮さや、焼き具合が違うせいなのか?
なんか、皮が薄そうというか、生っぽく見えるような…。

しかしたしかに、前の時の目玉焼きは、黄身がしぼむのが早かった。


(アクリルガッシュ・ベニヤ板、12/2制作)



<日本の、庶民的で土着的なものを、
固有色を生かしつつ殺しつつ表現するベニヤ板シリーズ>

しょう油さしやかんこけしのうつむききゅうす湯のみ

なすの箸置き茶筒風呂いすうめぼしとっくりとぐい飲み

マヨネーズ土鍋こけし2人すりばちふろしきひややっこ

手おけうちわ


目玉焼きフライパン

目玉焼きフライパン


昨日、目玉焼きを実際に作って、見ながら描きました。

今回は、いつものベニヤ板シリーズとはテーマがちょっと違っていて、
タッチパネルの画面に表示されたらつい触りたくなる絵、
というものにする目的で、描いています。
(触りたくなっているだろうか…。)
なので、黄身のプルっとしたところがポイントです。


黄身をアップに、トリミングしてみたバージョン↓

目玉焼きフォーカス


(アクリルガッシュ・ベニヤ板、11/29制作)


個人的な話ですが、ようやく体調が戻ってきて、ひと安心。
昨日の夕飯の鍋には、他の具材にまぎれこんで、
目玉焼きが入ってました。



<日本の、庶民的で土着的なものを、
固有色を生かしつつ殺しつつ表現するベニヤ板シリーズ>

しょう油さしやかんこけしのうつむききゅうす湯のみ

なすの箸置き茶筒風呂いすうめぼしとっくりとぐい飲み

マヨネーズ土鍋こけし2人すりばちふろしきひややっこ

手おけうちわ


ワンカップ

ワンカップ

日本の、庶民的で土着的なものを、
固有色を生かしつつ殺しつつ表現するベニヤ板シリーズ。

ワンカップ大関を描きました。

透明なところをどう表現すればいいのやらと思いつつ描いてたら、
今までのタッチとの統一性がなくなった。うーん…。


(アクリルガッシュ・ベニヤ板、10/19制作)


<同じシリーズの他の絵>

しょう油さしやかんこけしのうつむききゅうす湯のみ

なすの箸置き茶筒風呂いすうめぼしとっくりとぐい飲み

マヨネーズ土鍋こけし2人すりばちふろしきひややっこ

手おけうちわ


うちわ

うちわ

日本の、庶民的で土着的なものを、
固有色を生かしつつ殺しつつ表現するベニヤ板シリーズ。

うちわを描きました。


(アクリルガッシュ・ベニヤ板、10/19制作)


<同じシリーズの他の絵>

しょう油さしやかんこけしのうつむききゅうす湯のみ

なすの箸置き茶筒風呂いすうめぼしとっくりとぐい飲み

マヨネーズ土鍋こけし2人すりばちふろしきひややっこ

手おけ

手おけ

手おけ

日本の、庶民的で土着的なものを、
固有色を生かしつつ殺しつつ表現するベニヤ板シリーズ。

お風呂場の、浴槽のお湯を汲むための手おけを描きました。


(アクリルガッシュ・ベニヤ板、10/19制作)


<同じシリーズの他の絵>

しょう油さしやかんこけしのうつむききゅうす湯のみ

なすの箸置き茶筒風呂いすうめぼしとっくりとぐい飲み

マヨネーズ土鍋こけし2人すりばちふろしきひややっこ

ひややっこ

ひややっこ

日本の、庶民的で土着的なものを、
固有色を生かしつつ殺しつつ表現するベニヤ板シリーズ。

ひややっこです。ネギとしょうがをのせて描きました。

原画では、テーブル面がもっとイエローって感じの明るい色です。
色調補正してもならず。

(アクリルガッシュ・ベニヤ板、10/19制作)


<同じシリーズの他の絵>

しょう油さしやかんこけしのうつむききゅうす湯のみ

なすの箸置き茶筒風呂いすうめぼしとっくりとぐい飲み

マヨネーズ土鍋こけし2人すりばちふろしき

1 2 3


© amasawa motoki