むーと鳴いてます。(muuuuu.net)


【文】調査日記

1 2

むーあにまるについて深く切り込む、5日間連続の調査日記【4日目 】と【5日目(最終日)】

むーあにまるについて深く切り込む、5日間連続の調査日記【1日目 】〜【3日目 】の続きです。


【4日目 】「鼻ぶどうと、プレーンタイプ」

4日目も引き続き、むーあにまるについて深く切り込んでいきます。

むーあにまるには、鼻にぶどうをぶらさげている「鼻ぶどう」という種類のむーあにまるがいます。

木箱に座る鼻ぶどう
座る鼻ぶどう



ぶどうの空き箱に座っています。



それとは別に、鼻にものをぶらさげている「プレーンタイプ」がいます。

2枚目の画像は、鼻にカール(スナック菓子)とカリントウをぶらさげているプレーンタイプです。

カールとカリントウ
カールとカリントウ



プレーンタイプは、鼻にいろんなものをぶらさげることができます。

「鼻ぶどう」と鼻にものをぶらさげているプレーンタイプとの違いは、ボディとの一体感です。
鼻ぶどうのぶどうは、鼻の線との一体感があります。
一方、カールとカリントウは、鼻の線の先にくっついているという感じです。



3枚目の画像には、「鼻りんご」という種類のむーあにまるも登場しています。

むー漫画22_鼻ぶどうのぶどうはいい匂い
むー漫画 第22話 鼻ぶどうのぶどうはいい匂い



鼻りんごも、鼻ぶどうと同じく、ボティとの一体感があります。




【5日目(最終日)】「アイスクリームーと、うんち帽」

5日目も、むーあにまるについて深く切り込んでいきます。

むーあにまるには、「アイスクリームー」という種類のむーあにまるがいます。

アイスクリームーを持つむー
アイスクリームーを持つむー



プレーンタイプが「アイスクリームー」を持っています。



次に、「うんち帽」という種類のむーあにまるを見てみます。

ちょうちょを追う、うんち帽
ちょうちょを追う、うんち帽



うんち帽は、うんち型の帽子をかぶっているむーあにまるです。
ちょうちょを追いかけています。



3枚目の画像では、「うんち帽」がアイスのコーンに入ろうとしています。

コーンに入ろうとする、うんち帽
うんち帽とアイスのコーン



当たり前ですが、うんち帽は、アイスクリームーではありません。




まとめです。

【1日目 】「むーあにまると、がーあにまる」
口が閉じているあにまる/口が開いているあにまる、という見た目の違い

めだま焼きに乗るむー ジュースを飲んでるむーと、ビスケットを食べてるむー せんべいを食べるがーあにまる




【2日目 】「プレーンタイプと、ピロむー」
歩いたり寝たりする/いつも寝ている、という性質の違い

ずんずんずんずん  本を集中して読んで寝るピロむー 群衆絵_お昼寝するむーと、立ったまま寝るピロむー




【3日目 】「おにぎりリュックと、ピロむー」
プレーンタイプがたまたまおにぎりリュックを背負っている/常にピロー(=枕)を背負っている、という状態を示しているかアイデンティティーを背負っているかの違い

おにぎりリュックを背負ったむー あおむけで寝るピロむー 本より眠気のピロむー




【4日目 】「鼻ぶどうと、プレーンタイプ」
身体の一部になっている/鼻にものがくっついている、というボティとの一体感の違い

木箱に座る鼻ぶどう カールとカリントウ むー漫画22_鼻ぶどうのぶどうはいい匂い




【5日目 】「アイスクリームーと、うんち帽」
アイスクリーム/うんち、というネーミングの違い

アイスクリームーを持つむー ちょうちょを追う、うんち帽 コーンに入ろうとする、うんち帽



●キャラクターたらしめるもの

キャラクターをキャラクターたらしめるものは何か?
ということをこの5日間、探ってきました。
キャラクターは見た目だけではなく、性質、ボディとの一体感、ネーミングなどによってできています。
キャラクターは、記号から成り立っています。
記号化されているために、時に非常に接近します。



●似ているから引き立て合うこともある

「むーあにまると、がーあにまる」は、口が閉じている/開いている、という形に大きな違いがあります。両方いることでそれぞれの個性が際立ちます。
しかし、「プレーンタイプと、ピロむー」は、元の性質が違っても、寝ているプレーンタイプとピロむーは見た目が似ているため、見分ける作業は困難になり、キャラクターとして成り立たなくなってしまいそうな危うさがあります。
ですが逆に、「アイスクリームーと、うんち帽」のように、文脈を無視して一緒に並べることで、本来全く別物であるアイスとうんちの境界があいまいになり、面白く見えることもあります。



●プレーンタイプは自由

「プレーンタイプ」は非常にベーシックな形で、行動に縛りがなく、自由です。
ピロむーは、常にピロー(=枕)を背負って寝ていなければピロむーたり得ず、鼻ぶどうは、常に鼻にぶどうしかぶらさげることができません。
プレーンタイプは、他のむーあにまるに比べていろんなことができる、その自由なところが、キャラクター性になっています。




「THE FIVE DAY POSTING ORIGINAL ARTWORK CHALLENGE.」の5日間が終了しました。ある意味、むーあにまるにとって危険を冒したCHALLENGEとなりました。お付き合いいただき、誠にありがとうございました。
(イラストレーターの林けいかさんからバトンを受け取り、美術家の高嶋英男さんにお渡ししました。)

【文】調査日記とは?

「調査日記」とは、むーあにまるがどんな生き物なのかを調査する記録帳です。作者もよくわかっていないので、絵を頼りにむーあにまるの性質を探り、徐々にキャラクター性を詰めていきたいと考えています。

むーあにまるについて深く切り込む、5日間連続の調査日記【1日目 】〜【3日目 】

Facebookで自分の作品を5日間連続で紹介するという企画「THE FIVE DAY POSTING ORIGINAL ARTWORK CHALLENGE.」に参加しました。

天沢もときのFacebookページの4月11日〜15日の投稿に載っていますが、こちらのサイトでも「調査日記」として2回に分けて載せます。


【1日目 】「むーあにまると、がーあにまる」

私は、「むーあにまる」というキャラクターを普段描いています。

例えば、目玉焼きの上に乗っているのがむーあにまるです。

めだま焼きに乗るむー
めだま焼きに乗るむー



むーあにまるというのは、鼻に線があり、それが口で、閉じています。

ジュースを飲んでるむーと、ビスケットを食べてるむー
ジュースを飲んでるむーと、ビスケットを食べてるむー



ジュースを飲んだり、ビスケットを食べるときも、開きません。
口が閉じているので、「むー」と鳴きます。なので、むーあにまるです。


一方で、口が開いているのが「がーあにまる」です。

せんべいを食べるがーあにまる
せんべいを食べるがーあにまる



口ががーって開いているので、がーあにまるです。
せんべいを食べています。




【2日目 】「プレーンタイプと、ピロむー」

2日目から、むーあにまるについて深く切り込んでいきます。

むーあにまるには、非常にベーシックで数の多い「プレーンタイプ」という種類のむーあにまるがいます。
1枚目の画像は、「プレーンタイプ」です。ずんずんずんずん、歩いています。

ずんずんずんずん
ずんずんずんずん



次に、むーあにまるの中には、ピロー(=枕)を背負っている「ピロむー」という種類のむーあにまるがいます。
ピロむーは、立ったままでも寝ることができます。2枚目の画像です。

本を集中して読んで寝るピロむー
あおむけで寝るピロむーと、本を持つピロむー



ピロむーは、プレーンタイプではありません。


3枚目の画像は、お昼寝するプレーンタイプと、立ったまま寝るピロむーです。

群衆絵_お昼寝するむーと、立ったまま寝るピロむー
群衆絵 お昼寝するむーと、立ったまま寝るピロむー




【3日目 】「おにぎりリュックと、ピロむー」

2日目に引き続き、むーあにまるについてさらに深く切り込んでいきます。

1枚目の画像は、おにぎり型のリュック「おにぎりリュック」を背負っている「プレーンタイプ」のむーあにまるです。

おにぎりリュックを背負ったむー
おにぎりリュックを背負ったむー



次に、再び「ピロむー」を見てみます。

あおむけで寝るピロむー
本より眠気のピロむー
あおむけで寝るピロむーと、本を持つピロむー



ピロむーは、2日目に紹介した通り、ピロー(=枕)を背負っているむーあにまるです。

繰り返しになりますが、ピロむーは、プレーンタイプではありません。
ピロむーはいつも眠がっていて、顔の輪郭がややもったりとしています。




続きの記事→むーあにまるについて深く切り込む、5日間連続の調査日記【4日目 】と【5日目(最終日)】

むードンとウマむーと一角むーの系譜

むードンウマむー一角むーの系譜を調査し、図にしてみました。

むードンとウマむーと一角むーの系譜

大きい画像はこちら



■登場キャラクター
むードン(恐竜のようなむーあにまる)
ロールむードン(おでこがロールしていて二足歩行のむードン)

ウマむー(馬っぽいむーあにまる)
ウマロール(形がロールむードンと似てるが、手足が馬のひづめのようで耳あり)

一角むー(角が一本あるむーあにまる)

勢いのある一角むー(勢いがある)
勢いのあるウマむー(勢いがある)

競合調査 トゲアリトゲナシトゲトゲ

競合調査のメモです。と同時に、これは調査日記でもあり。


●トゲアリトゲナシトゲトゲ●

トゲトゲ(トゲのあるハムシ)が発見される→トゲナシトゲトゲ(トゲのないトゲトゲ)が発見される→トゲアリトゲナシトゲトゲ(トゲのあるトゲナシトゲトゲ。トゲトゲとは違う生物)が発見される。



トゲアリトゲナシトゲトゲまでの流れがよくわかるブログ記事
知らなくても生きていける雑学がならぶブログ トゲアリトゲナシトゲトゲ

引用「3.そのあとで、トゲトゲの仲間なのにトゲのないのが見つかった
 (これがトゲナシトゲトゲ)

4.なのに、トゲナシトゲトゲの仲間なのにトゲのあるやつが見つかった
 (トゲアリトゲナシトゲトゲ完成)」



★関連するむーあにまる
がーあにまるのコーラス
がーあにまるのコーラス

過去記事の文章引用「口が開いてるのは、“むーあにまる“としてどうなのか迷っていて、「保留案件」のカテゴリーに入れてます。今回、“がーあにまる”と名付けてみました。」


その後、がーあにまるは、むーあにまるの仲間だけどむーあにまるではない、ということになる。


群衆絵 ぶたっこむーと、豚の丸焼きを食べるがーあにまる
群衆絵_ぶたっこむーと、豚の丸焼きを食べるがーあにまる



群衆絵 モヒカンクリーム、城を守る
群衆絵_モヒカンクリーム、城を守る

過去記事のカウントの注釈引用「+がーあにあまる1匹=(がーあにまるはむーじゃないので)」



トゲアリトゲナシトゲトゲとは (トゲアリトゲナシトゲトゲとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

いい話なので、引用。
『実在しないという「決め付け」』
「インターネット上ではなぜかトゲアリトゲナシトゲトゲは実在しないという情報が広まっている。
(中略)
情報が見つからないからといって架空の生物と決めつけることこそ、インターネットの不確かな情報に基づくデマなのではないだろうか。」

↓↓↓

「ハナアルキ」は架空の生物で、まるで実在しているかのように観察記録が書かれているのだけど、逆に、「トゲアリトゲナシトゲトゲ」は、実在しているのに架空の生物のように言われてしまう。というのが注目ポイント。




トゲナシとトゲナシトゲトゲの画像が載ってるサイト。【タモリが興味津々】昆虫『トゲトゲ』と『トゲナシトゲトゲ』を画像で検証してみよう!【名は体を表さず】 - NAVER まとめ

鼻に星がついているむーは飛べる?

【調査】
星マントムンと星うさぎは、両者とも鼻の線の先に星がついている。
鼻に星がついているむーは、自力で飛ぶことができるのだろうか?

群衆絵_星マントムンの夜空散歩 群衆絵_星うさぎと惑星むー

左:群衆絵 星マントムンの夜空散歩 / 右:群衆絵 星うさぎと惑星むー


……………………………………………………………………………

【考察】

他のむーが飛ぶには、雲やジュース&ストローなど道具が必要な様子。


・雲に乗る四角うさぎ

雲のサイクリング 雲から手を振る


左:雲のサイクリング / 右:ふわふわぐもから手を振る


群衆絵_お花むーのシャワー

群衆絵 お花むーのシャワー


・ジュースでプカプカ浮いてる/雲に乗って寝ているプレーンタイプ

群衆絵_ジュースでプカプカ 群衆絵_お昼寝するむーと、立ったまま寝るピロむー

左:群衆絵 ジュースでプカプカ / 右:群衆絵 お昼寝するむーと、立ったまま寝るピロむー


……………………………………………………………………………

では、星がついているむーは飛べるのか?

星マントムンも星うさぎも、最初は星がついていなかった。

星マントムン 惑星の間を飛ぶ、星うさぎ

左:星マントムン、右:惑星の間を飛ぶ、星うさぎ


この時点では、星マントムンは地面に立っているだけかもしれない。
星うさぎは宇宙という無重力空間を飛んでいるので、浮力があるか不明。


……………………………………………………………………………

さらに、星がついていなくとも飛べるプレーンタイプも発見。
(四角うさぎは雲に乗っている。)
ここは宇宙空間なのだろうか。

とんでるとんねる

とんでるとんねる


かぞえるシリーズで飛んでるプレーンタイプ
(かぞえるシリーズは例外??)

凧上げのように。
(これは風力で浮いているだけかもしれない)

かぞえる20匹

かぞえる 20匹


気球のように。
(これは風で…?)

かぞえる17匹

かぞえる 17匹



……………………………………………………………………………

忘れてならぬのが、ムーパンの存在。
『ムーパン』 空中に浮かぶことができる。地に足着かないタイプ。

とあり、ムーパンは浮かぶことができます。
(飛んでるとは違うか…)

ムーパン補正

ムーパン くまどりーむ


……………………………………………………………………………

そして、星がついていても、雲に乗ることはある。

群衆絵_かぐやむーのお迎え

群衆絵? かぐやむーのお迎え


……………………………………………………………………………

ちょうちょむーは、飛べてる。虫に近いから?
網を持ったプレーンタイプは、飛んで追いかけることはしていない。

群衆絵_ちょうちょむーを追いかけて

群衆絵 ちょうちょむーを追いかけて

……………………………………………………………………………

もしかすると…

【仮の結論】

飛べる:星マントムン、星うさぎ(宇宙空間において)、プレーンタイプの一部
飛べない:四角うさぎ(飛ぶ時は雲に乗る)
浮ける:ムーパン、プレーンタイプの一部

三角うさぎが飛ぶところは、まだ観測できていない。
飛べないし飛ばないのかもしれない。



↓読んで下さった方、よかったらクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
ありがとうございます!

むーあにまるの鼻の能力

むーあにまるの鼻の能力についてまとめたので、ご紹介します。

鼻の能力


上の図のように、現段階でのむーの鼻の代表的な能力は
のびる・つながる・ぶらさがる・くっついてる
の4つが挙げられます。


★追加情報

くっついてるに関しては、

鼻が別の物になっている:鼻の線ではない部分が別の物に置き換わっている

とも言えます。

フルーツ鼻バラエティ フルーツポン・チ・ノーズ

左:フルーツ鼻バラエティ、右:フルーツポン・チ・ノーズ


たき火で栗を焼く
たき火で栗を焼く

通常の鼻と、栗に置き換わった鼻のむーが両方いる例
(鼻の栗にも目がついていて、たき火の焼き栗を一緒に見ている)


また、能力というより“性質”ですが、

ういてる:横から見ると浮いている

という特性もあります。

かぞえる25匹 かぞえる13匹

左:かぞえる 25匹、右:かぞえる 13匹

鼻筋のはずの線が、なぜか顔から浮いている


ちなみに、2009年4月の時点では未知の領域でした。
横から見たところ(想像図)


……………………………………………………………………………
★上の図に載せているむーあにまるは「プレーンタイプ」という種類で、他にもいろいろな種類がいます。(プレーンタイプは、一番基本的なむーあにまるです。)

主要なむーあにまるについては、むーあにまるのそれぞれの性質・特徴で紹介しているので、ご参照下さい。

たまご焼きに乗るむー
たまごに乗るむー

自由に遊ぶプレーンタイプと、いつも測っている三角うさぎ



↓読んで下さった方、よかったらクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
ありがとうございます!

むーあにまるのそれぞれの性質・特徴



むーあにまるには様々な種類がいるが、たびたび登場しているスタメン的なむーとして、プレーンタイプ四角うさぎ三角うさぎがいる。そして、むーあにまるにはカテゴライズしていないが仲間のキャラクターとして、がーあにまるデストロイヤーがいる。


今までの行動などからそれぞれの性質が見えてきたので、まとめてみた。
(もっちり桜もちは、おまけで入れた。)


キャラ紹介_プレーンタイプ  キャラ紹介_がーあにまる

左:プレーンタイプ / 右:がーあにまる

(プレーンタイプの口が開いたのががーあにまるというわけではない)



キャラ紹介_四角うさぎ  キャラ紹介_三角うさぎ

左:四角うさぎ / 右:三角うさぎ

(三角うさぎは四角うさぎから派生して生まれたが、性質は異なる)



キャラ紹介_デストロイヤー  キャラ紹介_もっちり桜もち

左:デストロイヤー / 右:もっちり桜もち

(デストロイヤーはマスクをしている為、むーの鼻を持っているか確認できない)

______________________________

スイカ割り
スイカ割り

それぞれの性質がよくあらわれている例

______________________________


三角うさぎは、いつもはかっている。
身の回りのあらゆるものを測り、世界の在りかたについて
調べているのだが、世間のことはいまいちわかっていない。
哲学的、研究者的。探究心が強い。
そんな三角うさぎについて書いてみた…。

三角うさぎ相田みつを風絵入り


むーは手紙を出せる。

郵便局の前にあるポストに、手紙を出しにくるむーがいる。
むーも手紙を出す、という行為をするようだ。

しかし、手紙の文面を書けるのだろうか?
文字は書けるのか?


むーが机に座っていることはあっても、何かを書いている姿はまだ見ていない。


唯一えんぴつを持っているのが「まるばつゲーム」というタイトルのむーあにまる。
まるばつゲームしよう、とこちらに呼びかけているようだが、
机の上の紙には何も書かれていないので、実際にまるばつゲームできるのかどうかは不明。
マルとバツを書けるのか、あやしい。


(知能レベルが人間の約2歳〜9歳というから、もしかしたらできるのかも…。)


   郵便局と銭湯とマンション      まるばつゲーム補正
「郵便局と銭湯とマンション」 / 「まるばつゲーム」

むーは働くのか?

今までに、働く女性のような姿のむーあにまるや、ぎょうざを包むむーが登場した。
美容師のむーも登場した。

果たして、むーは美容室で働いているのだろうか?
ぎょうざを包むというのは、中華料理店での仕事だろうか?


「むーは自由」なのだから、雇われてはいないはずだ。
働いているというよりも、どうやら、勝手にやりたいようにやっているようだ。


ぎょうざを包みたいから包んでいる。
美容師のむーたちも、ポジションはやりたい役回りであって、本質的な上下関係はない。


働く女性補正     ぎょうざ包み     むー美容室のわたわたブロー
「働く女性」  /  「ぎょうざ包み」  /  「むー美容室のわたわたブロー」

むーは死ぬのか?

ドクロになったむーの絵の存在を前にして、一つの疑問が浮かんだ。
むーあにまるは死ぬのだろうか?
「ガガーリン」とショックを受けて、一時、仮死状態になるだけかもしれない。

むーあにまるが、あにまる=動物ならば、死は必ず訪れる。
しかし、不老不死であるとすれば、むーの鼻が起因しているのであろうか。
むーの鼻が生命維持に影響を与えるのか否か、審議が問われる。

どくろ補正
「どくろっくび(ドブロク=ドブロックビ)」

1 2


© amasawa motoki